アトリエ探訪 版画家 小浦昇 [Page1] [Page2] [Page3] [Page4] [Page5] [Page6]

月に対しての拘りは・・・。
月も初めは取り立てて描こうとは思わなかったんです。テーマにしたのは大分後です。
段々と小さな月が絵の中に入ってきていたんですけど。
特別に月 だけを取り出して制作した訳ではないし・・・
稲垣足穂の「一千一秒物語」に月が沢山出てきて、 月を描こうと思ったのはこの辺かな!。

小浦昇関連情報
2002.3 2001.12 2001.2 1999.9 1998.11


小浦昇銅版画 特別頒布リスト
※価格は全てシート価格です


139

DREAM
ed. 100
22.0x17.5cm

\15,000(APのみ)


140
COSMOS
ed. 150
14.5x14.5cm

\12,000


141

THE SPHINX AND THE MOON
ed. 150
14.5x14.5cm

\12,000


142

THE RIDDLE
ed. 150
14.5x14.5cm

\12,000


143

NET
ed. 150
14.5x14.5cm

\12,000


145

THE HOLIDAY OF DR. LAO
(LUNCH)
ed. 100
22.0x17.5cm

\15,000


146

MARRIAGE
ed. 100
7.2x9.5cm

\5,000(APのみ)


147

LUNATION
ed. 88
34.8x45.0cm

\35,000


148

MOONY MOON II
(STRANGE FRUIT)
ed. 88
33.5x45.0cm

\35,000


149

MOONCAGE
ed. 88
33.5x45.0cm

\35,000


150

SCIENTISM
ed. 88
18.0x11.0cm

\12,000


151

CIRCUS
ed. 88
17.0x11.5cm

\12,000


152

THE EBBTIDE
ed. 88
22.0x17.5cm

\15,000(APのみ)


153

A RIVAL IN LOVE
ed. 88
22.2x18.0cm

\15,000(APのみ)


154

THE HELIICENTRIC
ed. 88
45.5x29.5cm

\35,000


155

A SPECAL DELIVERY
ed. 88
45.0x32.0cm

\35,000


156

NT.1 DETECTIVE WORK
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


157

NT.2 FOREST
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


158

NT.4 FAMILY
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


159

NT.5 REHEARSA
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


160

NT.6 SAXOPHONIST
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


161

NT.7 MIDNIGHT
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


162

NT.8 FLOWER VIEWING
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


163

NT.10 A GOOD MAN
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


164
NT.11 THE PAST
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


165
NT.12 THE ELECTRIC CAT
ed. 180
9.0x7.5cm

\5,000


166
A BIRD FANCIER
ed. 88
22.0x18.0cm

\15,000


167
THE HOLIDAY OF DR. LAO
(READING)
ed. 88
22.0x18.0cm

\15,000


168
THANKS FOR CALLING
ed. 88
45.0x31.5cm

\35,000


169
BROKEN PIECE OF THE MOON
ed. 88
45.0x32.0cm

\35,000


170
UFO 1999
ed. 88
45.0x31.5cm

\35,000

   

[Page1] [Page2] [Page3] [Page4] [Page5] [Page6]

あとがき
 駅を降りると、まだ雪の残る畑が開けていました、「寒い。」 そこへちょうど自転車で先生が迎えに来てくださって、
「いいところですね。何年くらい暮らしてらしゃるんですか。」
「三十五年ぐらいですかね。大きな欅があるでしょう。」
自転車を押しつつ15分ほど歩いてアトリエへ、想像していたのとはちょっと違って普通 の住宅風。
とっても気さくで丁寧にお話してくださいました。
先生は犬がとっても嫌いなんですって、犬がいたらその家には行きたくないとか、以外な一面 も・・。

ギャラリー椿 Gallery Tsubaki

アトリエ探訪トップページへ

制作:http://www.gaden.jp 文責・ 小市裕子