IWAISAKO Yoshiroh 祝迫義郎

 

祝迫義郎 展
女の武器 - Control Stick
2008年3月22日 - 3月31日

煌翔
東京都杉並区阿佐谷南3-2-29
03-3393-6337
http://www.kohsho.co.jp/

祝迫義郎 展 〜幻想の化身〜
2007年10月3日 - 10月16日

新宿高島屋 10階美術画廊
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
03-5361-1111
http://www.takashimaya.co.jp/

 

 私は、物の持っている姿、特長、クセ、その物に対して人々が持っている思い込みや先入観を素に、自分が普段なに気なく考えている事、身の回りで起こっている事、自分がしてきた失敗や経験を通じて考えた事、望んでいる事などを、金属を通して表現しています。
 金属の持っている堅さや柔らかさ。冷たい表現から温かみのある表現の幅。金属によって違う、質感をともなった色の見え方。同じ金属でも表面のテクスチャーによって、見えてくる色の違い。など、このような幅広い可能性を持った素材を、自分の表現にあます事なく生かせるアイデアを、常に考えて制作しています。

 

ぶっそうな世の中

11x25x10cm

銅・メッキ 2005年

失って気付いた事

23x35cm

銅・銀 2006年

二重人格

10x7x14cm

銀・真鍮・銀メッキ・金メッキ 2006年

ぶっそうな世の中

11x25x10cm

銅・メッキ 2005年

反抗期 「対ヒョウ柄」

9x9x13cm

銀・銅・赤銅・四分一・黒四分一・銀メッキ 2006年

反抗期 「対蛇柄」

9x9x13cm

銀・銅・赤銅・四分一・黒四分一・銀メッキ 2006年

舞台衣裳デザイナー時広真吾氏より依頼作品
新潟・りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ 「マクベス」 より
                                PHOTO:内田 龍

ふたつの標的

63x47x7cm

赤銅/四分一・白銅/四分一・銅・銀・真鍮 2005年

幻覚 「hungry?」

11x19x14cm/12x20x9cm

銅・銀・赤銅/銅 2005年

まっすぐな道のりと残念な結末

93x53.5x7.5cm

七宝・銅・銀メッキ 2005年

怒ルト決マラズ

12x12x12cm

銀・赤銅・銅 2004年

覚醒

42x42x17cm

銀・銅・七宝 2004年

防犯対策

23x24x19cm

銅・銀・赤銅・銀メッキ・珊瑚砂 2004年

狙われる運命

40x41x14cm

赤銅・銀・銅・真鍮 2004年


Profile of the artist

1975年 鹿児島県生まれ/1997年 東京藝術大学工芸科入学/2000年 東京藝術大学工芸科卒業、東京藝術大学彫金専攻修士課程入学、原田賞受賞/2002年 グループ展「はな」(東京藝大大学会館)/2003年 グループ展「サロン・ド・彩展」、東京藝術大学彫金専攻修士課程修了、グループ展「金属の彩展」(ギャラリー後藤)、日本七宝作家協会展 奨励賞/2004年 現代工芸展、日本七宝作家協会展、北陸中日展、選抜加賀展/2005年 現代工芸展、個展(ギャラリー山口)
現在 東京藝術大学工芸科彫金非常勤助手
僕は素材や技法だけじゃなくて、“心を込めて表現すること” が一番だいじなことだと思っているんです。そこに金属の素材の持つ深み> > > 続き

copyright (C) IWAISAKO Yoshiroh; GA-DEN-IN-SUI-SYA

mail-BOX

to Artist booth / 作家一覧ページへ

to gaden HOME