gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

鵜飼さんの展覧会でお会いした金澤毅先生、「鵜飼さんのモデルになったようですなあ!?。」と、先生のお薦めは、埼玉 県立近代美術館のプラスチックの時代 −美術とデザイン−(12月10日まで)です。
素材としてのプラスチックから「美術とは何かを問う」展覧会だと思うと語って下さいました。
この展覧会は色々な方からのお薦めがあり、見のがせません

来年7回目を迎えるNICAF(2001年3月28日から 有楽町アートフォーラム)は人事を一新し、より美術のエキスパートを配しパワーアップして只今準備中だそうです。
まだアバウトですが、国内65画廊、海外7カ国13画廊が参加、海外の有力画廊のリターンもありとか楽しみです。NICAFで作品売れるといいですね。日本でもっとも大きなフェアーなんですから入場者数も大事ですが、実際の数字があげられるかどうかで、混迷している美術界の景気回復に弾みをつけてもらえると助かるんですが。
お願いしますよお〜っ、山下事務局長!(左)。右の女性は凄腕スタッフの志賀さんです。


かにえ こうじ展
2000年10月30日 - 11月4日 11:30-19:00(最終日16:00まで)
銀座 小野画廊2
東京都中央区銀座1-9-8奥野ビルB1 03-3535-1185 FAX 03-3535-1186

1970年生まれ。医療技術短期大学 診療放射線学科卒で「さくらももこさん」のアシスタントをしていたという経歴の方です。
作品はうさぎのイラストです。(余談ですが私はあんまり可愛いっていうのが解らない性格です。昔から笑わない子供だったし、あっ!可愛い〜。なんて感情が育たなかったのでしょう。変な物は好きなんですけど)。

「グッズ(ポスターやレターセットなど)は売れますか。」「ええ!ウサギ専門のお店がありましてそこに置かせてもらっています。結構売れますよ。」「そこでは血統書付きのうさぎやうさぎショーもあるんです。」それを聞いて驚きました。うさぎのトップブリーダーもいるのでしょうか。人間はなんでも商売にするもんだな〜。

うさぎ専門の雑誌を発行 LIRA (Life with Rabbit)あなたが作るうさぎ情報誌。
ページアドレスはhttp://www.rabbittail.comうさぎ好きの方は必見です。

RETURN

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network