gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

コバヤシ画廊の小林ひとみさんにお薦め展覧会をお聞きました。(〜11月26日まで 京都国立博物館 075-531-7509 若冲展 本展は若冲の没後200年を記念して初期習作時代から近年発見された作品まで含め全貌を回顧している。)
どうしてお好きなのですかと聞きましたら、現代性があるから。
もう一つお薦めは(18日まで開催中のコバヤシ画廊、村山隆治展 104,5°の思想 11:30-19:00 東京都中央区銀座3-8-12ヤマトビルB1)

村山隆治さん

小林さんにお会いしたのは私がまだ学生の頃?だったように思います。そのころから全然変わってらっしゃらない。次々とエネルギッシュに仕事されているからでしょう。

柴田悦子画廊さんで鈴木強さんにお会いしました。お薦めを色々聞いたのですが、展覧会?あんまり見ません。映画?昔は見ましたけど、読書?小説は読むの止めたから、と・・・。
鈴木さんと私は友達を介して古くからの知り合いです。年令もひとつしか違わないせいか、自分に当てはめてみても私達の世代って色々なものに興味を持たなくなってくる年頃なのかも。結局これから生きていく道が決まってしまったからなんでしょうか。でも、私はまだまだ落ち着いてられないけど。
そんな鈴木さんのお薦めは「日本人は思考したか。」株式会社新潮社 吉本隆明、梅原猛、中沢新一の対談集です。さっそく今日図書館行って借りてきました。

先日がでん・こむの展覧会にもご協力頂いた諏訪敦さん(左)にお薦めを聞きました。右側は御存じ「てんぴょう」の松浦さんです。

「マリア観音。12月21日高円寺showboat。私が学生の頃よく見に行った男気あふれるバ ンドです。 木幡の存在感は当時から相当なレベルでしたので、現在どうなっているのでしょう。
999.9 フォーナインズの眼鏡フレーム。私も愛用者ですが、新作が発表されたよう です。 デザイナー三瓶さんの純粋さ、完璧さを求める哲学が、さらに進化して結実。あの美 しいカーブには、 現物を見たらやられてしまうことでしょう。
わたしの絵画に、その三瓶さんが登場予定です。来年の前半に新作として発表します のでお楽しみに。」

とメールで頂きました。
諏訪さんてとてもニヒルなイメージがあったんですが、柴田悦子劇団に飛び入りで参加してくれるんだもの。イメージ少し変わりました。いい意味ですよ!いい意味で。
もとロッカーのスピリット健在です。またバンドやりましょうよ!。

RETURN

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network