gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

RICA BANDOのニューヨークレポート (Vol.14)
バックナンバー Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Saturday, Nov 10, 2001


11月4日はニューヨークマラソンが行われました。快晴、風なしのマラソン日和。
私は毎年、アパートメントのあるブロックでマラソンを応援するのですが、今年は諦めて、コネティカット州Norwalkのグラッフィック・アート・センターへ行ってきました。( http://norwalk.com/graphicarts )
車でシティから1時間。


Walf Kahn氏 1927年ドイツ生まれ、1940年からアメリカ在住です。
Pastel into Print展です。10月4日から12月20日まで。

プリントのスタジオが併設されているグラッフィック・アート・センターでの展覧会の為か、プリントのテクニックを紹介することに重点の置かれている展覧会です。

彼の作品は、バージニア州のReynolds Galleryで初めて実物を見ました。林を描いた油絵でしたが、影に紫が使われていていました。
20歳の頃、銀座のギャラリーで見た梅原龍三郎の林を描いた小さなラフスケッチ、やはり影に紫が使われていて今でもくっきりと目に浮かぶほど印象深いものでした。このアメリカにも同じ感覚の作家がいると感動しました。
友人の個展で訪れたギャラリーでお祝いに買う絵を選んでいるときでしたが、友人の絵を止めて彼の作品を買おうかと本気で心が揺らぎました。
もちろん、大切な友人を失いたくないので思いとどまりましたが。。。

 彼が開発したプリントテクニック、パステルをモノプリントするデモンストレーションが屋外で行われました。
”アーティストが開発したテクニックは普通秘密にするものだけれど、どうせ自分と同じ様には出来ないだろうから、ここで公開することにしました。”
とジョークで皆を笑わせてから、秋の日差しの下で始まりました。

カラフルなジャケットを着ている女性は、マスタープリンターのLisa Mackie氏、Walf氏と10年以上一緒に仕事しているとのことです。

この日の彼の服装は、紫のシャツにオレンジのネクタイ。美しい銀髪によく映えます。

 彼にとって紫は特別 な色なのだそうです。紫の色目によって沢山の印象が表現できる、淡い紫は、品の良さ等など。そして紫は緑との調和、共鳴がしっくりいくと思っている、なぜなら同じ中間色だから、とも言っていました。デモンストレーションの作品はオレンジ色が鮮やか。

”色を選ぶというのは、対象を良く見ることだ。良く見れば自然に色を決めていける。色が見えてこない人間というのは、頭のなかに余計な言葉が詰まっているからだ。”
色をのせながら、人に聞かせるというよりは、自分自身に言い聞かせるように話しをしていました。

 このようなレクチャーに参加するのは、中高年の女性が多いのは何処の国でも同じですね。
真剣にノートをとる人も多く、質問も専門的。
ブランチ付レセプション85ドル、レクチャーのみは15ドルの参加費。そして、それぞれサインをしてもらった画集約50ドルを抱えているので、この日の出費は約135ドルですね。

皆、旅行を取り止めているので何にお金を使っているかというと食べることと家の中なのだそうです。
高級食料品店の売れ行き良し、アップタウンのレストランが混み、家具やカーペットの新調など家の中で家族と気持ち良く過ごすために使っているようです。
友人に聞いた話しですが、9月11日以降、楽器が飛ぶように売れたそうです。

いつか音楽をしたいと思っていた人々が、明日死ぬかもしれないという危機感で、今のうちにしたいことをしておこうと楽器を買って行ったそうです。
皆それぞれ今、自分自身に何が必要なのかを考え、気持ちを立て直そうとしているのだと思います。

バックナンバー Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network