gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network
携帯オサルスのおすすめランチ ランチdeチュその6

 


もりそば800円

自家製粉・石臼挽き手打ち蕎麦
三日月
東京都中央区八重洲2-10-7 丸万ビル1F TEL 03-3516-6801
11:30-20:00(ラストオーダー)土・日・祝日休み

 芸術新潮で住まいの達人として知られる中村好文氏が設計を。ローコストでシンプル。居心地のいい空間を設計すると評判の氏は建物はキッチンから作り、ご自分の料理をスタッフに食べさせるというこだわりの方です。とギャラリー椿オーナーの椿原さんにお聞きしました。(此処はたくさんの画廊オーナーから推薦されました。)

こだわりの建物+蕎麦にこだわるご主人。

 椿原さんのお薦めは、もりそば。(写 真をクリック)
つけ汁に蕎麦をちょっとつけてツルツル〜って。蕎麦が美味しいのでつけなくても食べられます。量 が若干少なめですが、私には丁度良かった。つゆを入れた片口の赤い漆器が印象的。

 モダーンとクラシックが程よく調和するお店の空間が落ち着きを醸し出しています。いつも立ち食い蕎麦しか食べない私。ちょっとした贅沢な時間を過ごしました。
ただ、つけ汁のカラさがちょっと気になりましたが・・・、ふだん食べなれている蕎麦の味がジャマしたのかな。

 もりそば800円 、里山(郊外風の黒めの蕎麦)900円、なっとう1200円、鴨せいろ1500円、温かい蕎麦は、かけ800円から鴨南蛮1500。各種大盛り300円増し。酒肴に焼き味噌(400円)、にがうり(400円)も。

 焼き味噌で一杯飲んでいる女性を見かけた事があると椿原さん。なんか粋ですね、着物着てたのかなあ。
開店したのは去年の6月ですって、ずっと以前から此処にあったような気がするお蕎麦屋さんです。

バックナンバー(お店リスト)はこちら オサルスインタビューの一覧はこちら

おすすめトップ RETURN

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network