gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

RICA BANDOのニューヨークレポート (Vol.18)
バックナンバー Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Thu, 21 Mar 2002

ブルックリンのボタニカルガーデンにクロッカスが薄紫の絨毯のように花盛り。春近しのニューヨークです。
今回は、ウィリアムズバーグから展覧会のレポート。

Caroline McCarthy展
PARKER'S BOX GALLERY
193 Grand Street Brooklyn, NY 11211 (between Bedford & Driggs Street)
2月16日から3月18日まで。

 PARKER'S BOX Gallery view
招待状のポストカードとうって変わり、会場、と言うより画廊自体が電化製品店のよう。。。
よくよく見ると、作品全てがリサイクル品で出来ていました。
エナメルペイントでお化粧しただけでこんなに美しいとは!
作家の視点に感心しました。

 Postcard
ポストカードの半透明の青いビニール袋は、法律でリサイクル品用と規定されているものです。
この袋に入れていないとゴミ回収のときに持って行ってくれません。
ニューヨークでは、日本ほどリサイクル品の分別が厳しくなくてこんなで大丈夫だろうか?と心配になる位 何もかも一緒にこのビニール袋に入れてしまうのですが。。。
以前のニューヨークタイムスの記事によると、集めたリサイクル品はなんと手作業で分別 しているそうです。
ベルトコンベアーにリサイクル品が乗ってくるのを、私は青い洗剤ポリ容器、あなたは透明なガラス瓶等と担当が決まっていて一々拾って行くそうです。
気が遠くなるような作業ですが、住居のゴミ置き場のスペースが狭すぎて消費者に分別 を強制出来ない、と言うのが市当局の考えのようです。
けれど、分別した品を売るにしても、この分別は業者に頼んでいるのでかなりの税金を使っているはずです。

Detergent containers Flayers Milk Containers

ここまで書いた所で敬愛していた義父が急逝。
野辺送りに日本へ帰っていました。
退職後に始めた絵画。身内知人に手書き絵はがきを絶え間なく送り続けた人。
毎週届いた絵葉書が届かないのがとても辛いです。
ブルックリンの郵便局も心得ていて、宛名、住所が間違っていても必ず届きました。

辛さはさておいて、3月12日付けのニューヨークタイムスを読んで怒りました。
新市長ブルームバーグ氏が、リサイクルはお金がかかり過ぎるので程々にと提案したとの事。
捨てる(埋め立てする)ほうが安いからといって、今までの努力を無にして良いのか?経費がかかっても次世代の為に未来の為にしていかなければならない大切な事でしょう!
実業家の市長の考えかたはこの程度かとあきれます。

 Drip sounded kichen
Caroline McCarthy氏は名字が示すとおりアイリッシュ。
物品に僅かに醸し出される文化背景に興味がある、”何かを別の物に見せるのは簡単な事”と言っています。この展覧会では、アメリカデザインの容器を日本の電化製品に変化させたという事でしょうか。 別室に展示されているのは、水漏れの音がスピーカーで強調された流し台。

 ディレクターのAlun Williams氏は、前室が小綺麗な日常、後室は小汚い日常だよね、との事でした。

バックナンバー Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network