gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

RICA BANDOのニューヨークレポート (Vol.19)
バックナンバー Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Sat, 20 Apr 2002

 暑い、暑い、30度を超す真夏気温のニューヨーク。
お陰で林檎系、桃系、桜系の花が一遍に咲いて豪華絢爛の街風景となっています。
5月上旬に花開く八重桜もたわわに咲いていて、ボタニカルガーデンでの桜祭りは緑一色となる事でしょう。

久し振りに展覧会のオープニングでミッドタウンに出掛けました。
ミッドタウンで働く人々はやっぱりカッコイイ。靴とバッグが上物だなあ、
ブルックリンの住人とは違うなあ、
と待ち合わせの友人が表れるまで人々の流れを眺めて改めて感心してしまいました。


展覧会は、A Century on Paper :
Prints by art Students League Artists 1901 - 2001
UBS / PaineWebber Art Gallery
1285 Avenue of Americas
New York, NY 10019-6028
212-713-2885

51丁目と52丁目の間です。
期間は、4月11日から6月21日まで。

 PaineWebberは、スイスの銀行です。
本国でもアートコレクションは有名だそうで、悪天候女の友人の作品もコレクションされているとの事です。
彼女は、バーゼルのアートフェアー常連作家なのでそれもそのはず。。。ですが。
ギャラリーはエントランスホールにあり、天井が高く広々と気持が良いです。
パーティの時にはいませんでしたが、美術館のように監視の人が座る椅子がいくつもが用意されていました。
あらゆる人が出入りする所でもあるのでエントランスのガードだけでは足りないのでしょうね。
このギャラリーで一年に5つの展覧会を企画しているとの事です。

 私も10年近くお世話になったArt Students League、創立127年目の美術学校です。
2000年が125年のアニバーサリーでした。
Robert Rauschenberg氏,Antonio Frasconi氏等、版画だけでも多数の作家を輩出しています。
この展覧会のキューレターは、Pam Koob氏。彼女の写真が撮れなくて残念でした。
2000年に1890年代から1960年代の作品群が校内で発見され、その作品も年代ごとに展示されています。
現在、在籍している生徒の作品は展示していません。

 Micheal Pellettieri氏と作品、”Winter ' 78 ” 私の恩師です。
展覧会は原版などもガラスケース内に展示していて、版画の種類、技法を解りやすく説明しています。
近年の生徒として、私、そして、Masaaki Noda氏、Maki Hino氏等、日本人の作家の作品が展示されています。

 私は、最後の2〜3年は週1回、マンハッタンに出掛ける機会として通いましたが、9月11日事件でサブウェイに乗るのが嫌になって、潮時ときっぱり止めてしまいました。
止めたおかげで展覧会に招待されて、災いも吉となる事があるんですね。。。。

バックナンバー Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network