gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

RICA BANDOのニューヨークリポート (Vol.33)

バックナンバー
Vol.32 Vol.31
Vol.30 Vol.29 Vol. 28 Vol. 27 Vol.26 Vol. 25 Vol.24 Vol.23 Vol. 22 Vol. 21
Vol.20 Vol.19 Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 
Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Tue, 24 Feb 2004

25年振りの厳しい寒さがようやく緩んできたニューヨーク。
M.Y. ART PROSPECTS からオープニングレセプションのお知らせeMailが届きました。
場所がマンハッタンのレキシントン通りと54丁目の角、Saint Peter's Church, The Narthex and Stairwell Gallery とあります。
こんなビジネス街に教会などあったかしら? 教会が持っているギャラリー?
これは行ってみないとね、と木曜日の夕刻、いそいそと出掛けました。

Saint Peter's Church

スタジオからFトレイン、Eトレインに乗り継いでレキシントンアヴェニュー駅下車。
在りました、高層CITI Bankビルの一角にモダンな教会。
気をつけていなければ、CITI Bankビルのパブリックスペースとして見過ごしてしまいそうです。
正面を飾るのは、Arnaldo Pomodoro の十字架彫刻。

ギャラリーは、CITI Bankビル側から入るホールにありました。
入って左が教会本堂、右にコンサートホールがあるようでした。
教会といえばゴスペルコンサートというのが定番ですが、ここではダンス、パフォーマンス、ジャズコンサート等も行われていて、
コミュニティセンターの役割を果たしているようです。 >http://www.saintpeters.org/

今回の展覧会は、Shigeno Ichimura 氏の Moment シリーズ。
M.Y. ART PROSPECTS ギャラリーの企画ですが、アーティスト個人から展覧会の申し込みも受け付けています。
The Art and Architecture Review Committee の詳細はこちら。 > http://www.saintpeters.org/art/index.html

ギャラリーとしてきちんと機能しているようで、コミッションは15パーセントとのことです。

The Erol Baker Chapel, the Good Shepherd は小部屋ながら、その部屋自体がアート作品と言えるほど素晴らしい。
Louise Nevelson の作品は暗色を使った作品という印象が強いのですが、ここでは暖かい白。
金の祭壇、センスの良い家具とあいまっていつまでも座っていたくなる癒しの部屋です。

階下のコンファレンスルームらしき場所にもアート作品が飾られています。


The Erol Baker Chapel of the Good Shepherd by Louise Nevelson

Conference room

The Narthex Stairwell Gallery, Entrance Hall

Stair well

さて、今回の主人公、Shigeno Ichimura氏。
彼とは15年ほど前、同じ職場で働いていたことがありますが、セクションが違っていたので顔見知りという程度の知り合い。
ISE Cultural Foundation のディレクターとして再会したのが、2〜3年前のニューヨークレポートの取材。
ディレクターの仕事も1年半前に辞めて、現在はアーティストとして活動中。
渡米は1989年。大学は法学部を出て、サラリーマンをしていたけれど、頭がおかしくなって (本人の弁) アーティストになるつもりでニューヨークへ来たとのこと。

Artist Shigeno Ichimura

”アーティストで食べられるようになるまで、15年かかった。”

ニューヨークでアーティストとして生活することへの下積み、言語の障害やスタジオを維持すること等、全て含めての痛みを共感できるので、この言葉にはずしりと重みがあります。

” 8年間、アートディレクターをしていて、アートに関わる仕事をしていたから制作を続けてこれたとも言えるけれど、反面、アーティスト達の裏方になるという苦悩も味わった。
何度かアーティストになる、ということを諦めようと思ったこともあるよ。そのままで居れば食べていけるし。。。
けれど、ここニューヨークにいてこつこつ制作していると、賞を貰ったりとか、勇気や励みを貰える機会が沢山あるんだ。
それで続けて来れたというか。。。何しろ、諦めないということかな。”

Moment シリーズは10年ほど前から取り組んでいる作品群。
今回の企画展でスペースに対して作品の数が足りなかったので、新たに制作した作品を含めています。
光と時間を表現することが彼の主題。
鉄粉のペーストを酸化させ、その酸化を止めることで一瞬を作品に留めています。

私のお気に入りはこの作品。

A work of Moment series

バックナンバー
Vol.32 Vol.31
Vol.30 Vol.29 Vol. 28 Vol. 27 Vol.26 Vol. 25 Vol.24 Vol.23 Vol. 22 Vol. 21
Vol.20 Vol.19 Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 
Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network