gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network
RICA BANDOのニューヨークリポート (Vol.36)
バックナンバー
Vol.35 Vol.34 Vol.33 Vol.32 Vol.31
Vol.30 Vol.29 Vol. 28 Vol. 27 Vol.26 Vol. 25 Vol.24 Vol.23 Vol. 22 Vol. 21
Vol.20 Vol.19 Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 
Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1
 

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Wed, 7 Jul 2004

 華氏90度を超えた日が1日しかない、過ごしやすい夏のニューヨーク。
独立記念日の休みも爽やかで湿度が低く、ブルックリンブリッジ近辺で行われる恒例の花火大会がいつもなら湿度で煙って良く見えないのですが、自宅の屋根からくっきりと眺める事が出来ました。
隣はイタリアンマフィアが住むブロック。
景気が良くなってきている為か、イラク戦争でやけくそなのか、豪勢に個人で打ち上げ花火を何十発と打ち上げていました。
いったい何千ドル使ったのか? というほど。まじかに見る花火は音も迫力があって興奮します。
しかし、警察車が何台も駆け付けてきて、逮捕者が出た様子、近所の見物者からブーイングが上がっていました。
爆竹だけでは捕まらないけれど、やっぱり打ち上げ花火は見せしめが必要なのかしら?


Empire - Fulton Ferry State Park

 昨春に痛めた肘がたたって仕事が進まず、今夏は日本へ帰るのを諦めました。一夏をニューヨークで過ごすのは久し振り。週末も仕事場に通うような状態ですが、気候はいいし、日は長いし、人と車の少ないニューヨークを工夫して楽しむつもりです。
普段、帰りの橋の混雑を嫌悪して行かないビレッジでの朝ご飯や夕食も気軽に出掛けられます。

という訳で近場からのレポート、仕事場から歩いて3分の Empire - Fulton Ferry State Park & The Brooklyn Bridge Park.

 今春、公園の整備が終わり、住民や観光客の憩いの場となっています。
ブルックリンブリッジの左下の建物を小売店をあつめたモールにするという不動産開発業者からの案が出ています。

22nd Annual BWAC Out door Sculpture show の設置が完了、オープニングは7月5日でした。

毎夏あるショウですが、公園がきれいになって彫刻が映えます。

中央作品 "Moving Between" Kristen Campbell " Information Booth" Mike Ritchie "Earth Rise" Laurel Shute
Front "Human Flower pots" Laura Paris
Back "Model Home" Richard Brachman
Right "Phychedelic Mushroom" Esther Grelle
Left "Rainbow Totem" Steven Zaluski
Right "Thefall" Bill Zingaro
Left "New Anatomy" John Clement

このような野外彫刻展は輸送費さえ出ない、出ても2ー300ドルほどというのが殆ど。
大学構内の野外彫刻展は、大学がスポンサーになるので輸送費が出ますが、搬出時の輸送費までは出してくれません。
募集広告を読んで、いったい誰が出品する事が出来るのか?
不思議に思って友人の彫刻家に尋ねましたら、自分で運べるトラックを持っている等、全て自腹を切って出品しているとのことでした。
その為、殆どの展覧会の出品者は近くに住んでいるか、仕事場のある地域の作家となるとのことでした。
そのせいかどうか、木製の彫刻が多くて Mike Ritchie 氏の作品など合版製です。
自腹を切って展示して皆に楽しんでもらう、彫刻家は太っ腹です。
作品が売れたら元が取れるかな?

どうぞ、皆さんもふとっ腹の芸術家の作品を楽しんで下さい。

"The Selfish Gene" Tyrome Tripoli

Tyrome Tripoli 氏の "The Selfish Gene"、最初、私はゴミを置いてあるのかと思いました。
近ずいてみたらボルト止めで彫刻と判明、この手の子供遊具は決して壊れないので処分に手こずります。
郊外を走ると家々の庭に必ずある、アメリカンスウィートドリームの象徴です。

"Paradine" Michael Krynski

私の一番好きな作品は Michael Krynski 氏の ”Paradine" 高さが3メーター近くあります。

Left Chocolate ice cream with roasted almond and sugar cone Right Peach ice cream with wafer cone.

 最後の画像は公園から歩いて3分、超有名レストラン River Cafe が経営する Ice Cream Factory のアイスクリーム。後ろの建物、元灯台がお店です。
River Cafe オーナーがアイスクリームの美味しい品がない、それならば自分で作ろう!
と始めたお店だけあって本当に美味しい。
アイスクリームトラック Mr.Softee の倍のお値段、ひとすくい$3しますが、それだけの価値はある。トッピングは50セント増し。
桃アイスは本物の桃が細かくはいっています、絶品。
これは一日仕事場にこもって仕事をした日のご褒美。
この桟橋は中国人たちの結婚記念撮影のメッカ、いつも何組ものカップルがあの長いピカピカ白リムジンに乗ってきます。
どの花嫁が一番奇麗かな? と眺めながら夕方のひとときを過ごしています。

バックナンバー
Vol.35 Vol.34 Vol.33 Vol.32 Vol.31
Vol.30 Vol.29 Vol. 28 Vol. 27 Vol.26 Vol. 25 Vol.24 Vol.23 Vol. 22 Vol. 21
Vol.20 Vol.19 Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 
Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network