gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network
RICA BANDOのニューヨークリポート (Vol.40)

NEW YORK report from RICA BANDO - - - - - Thu, 11 Nov 2004

11月第1日曜日、ニューヨークマラソンの日。
快晴、風もなく気温も心地よいマラソン日和、ブルックリン、4thアヴェニューで女子トップランナーグループを観る、出発から37分程経過時点。これから2時間、がんばってね! という画像です。


ニューヨークマラソン2004 女子トップグループ

今日はマンハッタンのダウンタウン、ローワーイーストサイドへ。
Matzo file グランドオープンの日。
Artist Alliance, Inc. 主催のアーティスト・フラットファイル。

Streit’s Matzo Factory Store
Northeast corner of Suffolk and Rivington Streets (glass windowed storefront)
F, J, M, Z trains to Delancey/Essex; walk east on Delancey, take a left on Suffolk and walk one block to Rivington
Until further notice, hours of operation will be Tuesday, Wednesday, and Thursday from 3 - 7 p.m.

Matzo file, Streit’s Matzo Factory Store the store view

Artist Alliance,Inc. は、107 suffork street にある元学校のビルをアーティスト向けに安く仕事場として元教室を貸しだしている団体です。
このビルをニューヨーク市から年間3000ドルで借りているのが、階下を占有しているスペイン系移民の主催する劇場。
ビルの設備や家賃支払い問題で仲が悪く、地元住民の大半を占めるスペイン系移民の文化保存側対白人アーティスト集団の戦い、というような意味の記事で今までに2回、ニューヨークタイムスに取り上げられています。

要するにアーティストは安く仕事場を確保したいが、設備管理が悪く暖房が無かった時期もあり、家賃支払いをボイコットした、それに対してもっときちんと家賃を払えば設備も良くなると家主側は言い張るというような喧嘩が人種問題で脚色されたということです。これに対してニュー ヨーク市側は、折り合いを付けて仲良く共存しなければ、ビルを取り上げるよ、と勧告しています。

これが民間ビルオーナーだとコンドミニアムにするからと簡単にアーティストは追い出されます。
いつの時代も地域発展と同時にアーティストや小さな町工場は安い家賃を探して移動を余儀なくされます。
最近ではブルックリン、ダンボーは億単位のコンドミニアムが林立、ニュージャジー州のジャージーシティーでもアーティストビルを保護して! というニュースが聞こえてきています。

artists' boxes and a flat file artist files volunteer artists

さて、話は戻って Matzo file ですが、Artist Alliance,Inc. のあるビルの向かいに Streit’s Matzo Factory Store がありまして、その店内が広いのでアーティストの作品を置いてもらうという事で始まりました。
ニューヨーク中にアーティストファイルは沢山ありますが、大抵はスライドファイル、ここは以前紹介したウィリアムズバーグの PIEROGI と同じで作品を直接観覧出来るようにしています。
PIEROGI はフラットファイルが満杯でもう新しい作家の作品審査を止めているようです。
作家はフラットファイルのホルダー170人、2種類の大きさのボックス80人、総計250人のアーティストの作品を目標にしています。
ボックスはもう一杯だそうですが、ホルダーのほうはまだ募集をしているようです。
詳しくはサイトを見てください。 http://www.matzofiles.org/

Matzo はジューイッシュの kosher products の一つでクラッカーのようなものです。
オリーブソースをつけて食べたり、魚団子スープと一緒に食べるそうです。

今日はグランドオープニングの日なのでフラットファイル等をカウンター内に置いて作品をカウンターで見せていますが、普段は工場でMatzoを作って、営業をしているので、カウンターの外に置いてあるとのことです。
作品は値段が明瞭表示してあり、その場で買う事が出来ます。キューレターやギャラリーの人も大歓迎とのこと。
アテンデントは皆、アーティストのボランティアです。
さあ、これからアートの名所となるかどうか?

T shirts sales

裏の倉庫では、Tシャツと布バッグを販売していました、Matzoがプリントされた黒Tシャツはなかなかオシャレ、サイズが豊富で私も娘に1枚買いました。ニューヨーク土産に良いかも。
日本からの旅行では、なかなか行く機会の無いローワーイーストサイドですが、ぜひ、足をのばして、ここでニューヨークアーティスト作品を直に手にしてみてください。

バックナンバー
Vol.39 Vol.38 Vol.37 Vol.36 Vol.35 Vol.34 Vol.33 Vol.32 Vol.31
Vol.30 Vol.29 Vol. 28 Vol. 27 Vol.26 Vol. 25 Vol.24 Vol.23 Vol. 22 Vol. 21
Vol.20 Vol.19 Vol.18 Vol.17 Vol.16 Vol.15 Vol.14 Vol.13 
Vol.12 Vol.11
Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7  Nol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

(c) Photo - Report. RICA BANDO , gaden

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
RICA BANDO
1984年よりニューヨーク在住。その間、ニューヨークでのグループ展など多岐に渡る活躍。
作品はハンタードン美術館をはじめ多数コレクションされている。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network