gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

東京・赤坂プリンスホテルで行われた、「第54回芸術選奨文部科学大臣賞」の贈呈式にひょんな事からプレスよろしく潜入。
え〜〜! と、驚かれるかもしれませんが、何と一番前のかぶりつきだよ〜。(品がないねえ)

 今年は文部科学大臣賞を麻実れいさんや五木ひろしさんなど。放送部門の新人賞を小泉今日子さんが受賞したこともあり、テレビの取材が凄かった〜。フラッシュがバシャバシャバシャバシャ。

[美術]の文部科学大臣賞は、
写真家・川田喜久治さん(71)=個展「世界劇場」

彫刻家・戸谷成雄さん(56)=個展「森の襞の行方」 (写真中)

文部科学大臣新人賞には、
画家・岡村桂三郎さん(45)=「泉」「鳥」など一連の作品。 (写真左)
[評論等]美術評論家・本江邦夫さん(55)=著作「オディロン・ルドン 光を孕む種子」 (写真右)
の方々が受賞されたんです。

 授賞式のあとの40秒スピーチで皆さんそれぞれ感謝の言葉を述べられましたが、
落語家の柳家小三治師匠の、
『22年前に新人賞を取った時も今度の大臣賞を取った時も、賞金の額が同じだった』
という話は、これだけ書いたら面白くもなんともないのですが、きちっと座を取り持つ噺家さんらしいまとめ方。
笑いの間の妙技を垣間見た気がしました。
何せ、オサルスは上手い返し方が出来ないので、いっそのこと弟子入りしようかと思っちゃいましたよ。

ともかく、おめでとうございます。

でもな・・・こういう晴れがましい席には全く無縁なので驚くことがいっぱい。
まず、控え室ではお化粧の香りが鼻をつき、何といってもレセプションにはびっくり。
こんな凄い料理が並んでいるのに、皆様、食べ飽きておられるのか、殆ど手をつけないんですよ。

そこでオサルス、滅多に無い機会。この料理はもしかして税金から? ご相伴たまわるのは申し訳ないと思いつつ、ここぞとばかりにローストビーフにはじまり、仕上げはケーキ2個、おなかいっぱい料理を堪能致しました。
ご馳走様。
美術のオープニングでは、出会えない光景。文化庁の方、もう少しアートに光を当てて下さると嬉しいのですが・・・。

おすすめトップ RETURN


gaden presents
- g
allery / artist / dreamer / exhibition / network