gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

横浜トリエンナーレ2005 2005/09/28-12/18
  横浜市山下ふ頭3号、4号上屋ほか
  http://www.yokohama2005.jp/

 横浜トリエンナーレ2005。テーマは “アートサーカス(日常からの跳躍)”

 「横浜トリエンナーレ」 は、継続的に開催される大規模な現代美術の祭典です。
2001年の第1回展(詳しくはhttp://www.gaden.jp/info/2001/010901/0901.htm)に続き、今回は世界30ヶ国・地域より86人のアーティストが参加。9月28日から3ヶ月間開催されます。

 9月28日まであと1週間、オサルスは横浜市民ですけど、2001年に引き続き2005年も情報が聞こえて来ないのは残念。2001年のアーティストディレクター建畠哲氏がオープニング挨拶で 「このトリエンナーレは展覧会であるのと同時に、市民に開放された巨大な祝祭である」 という言葉。耳に残っているんですけどね。

 聞こえてこないなら、自分で情報を探しに行こう。

 ということで、横トリ開催一週間前のリポートをお届けしましょう。

 場所は 「横浜市山下ふ頭3号、4号上屋ほか」
氷川丸のすぐ横だとは思いませんでした。2004年にみなとみらい21線が開通したから、交通の便は良いですよ。山下公園から送迎バスも運行予定。

 ダニエル・ビュランの紅白の旗に迎えられて倉庫を目指す。
入り口からすぐ右側の広場が、日本初公開のダン・デムニックと美術家ダニエル・ビュラン他2名で構成するアートサーカス会場。アート性の強い出し物が開催される予定。(イベントチェックはこちらhttp://www.yokohama2005.jp/jp/event.php

 港の景色を楽しみながら歩くこと約7-8分。プロムナードは750mだからさほど遠くは感じない。それにこの紅白旗は祝祭ムードを盛り上げる。テーマの「日常からの跳躍」の導入には最適かと。

 山下ふ頭3号、4号の二会場。

 え? 一週間前ですよ。まだ工事続行中。大丈夫かな。本当に28日に開催されるのか心配になりますね。皆さん一生懸命にお仕事中。高い場所だから気をつけて!

 「こんにちは」 振り向くと、今日取材をする The SINE WAVE ORCHESTRA の4人のメンバー登場。

 実はオサルスは 「The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic 参加者募集!!」 の広報のサポートを引き受けたんです。

・・・4人のオーケストラですか?

 僕らは企画者。色々な方に参加して頂いてその方達全員がオーケストラのメンバーなんです。会期中に6回パフォーマンスを行うんですが、詳しくは概要をお読みください。

・・・演奏後にこのメイン会場でサイン波を展示するんですね。

 ええ。この垂れ下がっている紐につけます。

・・・企画者の方達は美術のアーティストなんですか?

 ミュージシャンです。ただ僕らはものを作っているという意識よりも、皆で楽しく出来ればいいかなと。The SINE WAVE ORCHESTRA は、作品という形で作ったのではなくて、クラブイベントみたいな感じで始めたもの。都内でインディペンデントの立場で活動しているミュージシャンを一同に集めて、それぞれがサイン波を使って演奏し合うんです。

 電子音ではサイン波は基本的な音。皆が使える音なので、様々な音楽の共通言語として会話できるのではないかと、立ち上げました。ですから初めから作品ではなくてイベントのような感じですね。そのスタンスは今も変わりません。

・・・初めからコミュニケーションを考えたものということですか。

 コミュニケーションを最初から考えていたというよりは、普通にセッションするよりも、参加者同士の関わり合いが見えくることが面白いと思ったんです。それで一般の人も参加できるような形にしていきたいと敷居を低くしました。ですから音楽的な知識、技能は必要ありません。

・・・「参加者にはサイン波を簡単に出せる装置が貸し出されます」ということですが、どんな装置なんですか?

 ipod にスピーカーをつけて、サイン波を鳴らします。参加する方達に携帯してもらって大桟橋や赤レンガを歩いてもらうんです。
一人がサイン波を出してもピーという音だけですが、人数が集まることによってハーモニーが生まれ、場の環境によって音が波うち聞こえ方が変わるんです。

・・・年寄りにはうるさそうに感じますけど・・・。

 大人数の中では場として響あいますから、むしろ気持ちいい感じ・・・うるさい嫌な感じにはなりませんよ(笑)。それを僕らも楽しみにしています。皆さんの参加お待ちしております。

 「The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic 」 の日程は下に記します。

 盛り上がるといいですね。しかし,ミュージシャンはノリがいいねぇ。

 ノリがいいといえば、この方も乗ってます。回転する円盤のプレートの上に。

・・・屋代敏博さん。どうもご無沙汰です。ここで回転されるんですか。(詳しくは:http://www.gaden.jp/info/2003a/030917/0917.htm

 横トリでも 「回転回」 をやりますよ。この巨大な空間に溶け込みたいと思っています。今回は写真だけではなくて、デジカメや携帯にも取り込もうと、デジカメの場合はムービーで撮影して、僕が1回転すると、画面の中でリピート再生し続けるんですよ。そういうプロジェクトなんです。

・・・目がまわりませんか。三ヶ月の会期中ずっと回り続けるんですか?

 いつも目がまわってますからいいんです(笑)。でも大変なのでカメラ任せなんです。カメラにずっと記憶させています。実演のパフォーマンスの日程は決まってません。周りの状況や場の雰囲気に合わせるつもりです。

・・・今回の横トリに参加されたご感想をお聞かせください。

 作品を完全に完成させなければいけないアーティストは、大変だと思います。僕は完成が見えないので余裕を持ってやっています。自分でも作品をみせるぞというよりは、場を楽しんでその足跡が残せればいいと思う。だから気負いがないんですよ。

 なるほど。The SINE WAVE ORCHESTRAの皆さんや屋代敏博さんの姿が、総合ディレクター 川俣 正さんの言われる 「 展覧会は、運動態である 。場にかかわる 。人とかかわる(http://www.yokohama2005.jp/jp/director_message2.php#2)」 ということなんでしょうね。

 28日まであとわずか。オサルスも楽しみにしています。次回はオープニングをを紹介する予定。でも、誰からも招待状がこないんですよね。最近はgadenよりも Kaleidscopic Gallery Scene http://kgs-tokyo.jp/) が忙しいので忘れられちゃったかな。呼んでよォ〜。

________________________________________________________

「The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic 」 の概要
最も純粋な音であるサイン波のみを用いて開催される The SINE WAVE ORCHESTRA 。このプロジェクトでは参加者自身が主役となり、共有された時間と空間の中でサイン波を鳴らします。サイン波は、音としてそれ以上分解できない単位のものであり、建物物などからの反響、参加者同士のサイン波の干渉、そして共鳴といった様々な要因によって音色の変化が偶発的に引き起こされます。
今回は The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic と題し、横浜を舞台に街の様々な場所でそのあり方を探ります。そして、サイン波を手に街や公園等へと繰り出し、環境音の中で自分のサイン波の響きを体験します。

※(1) 事前予約、続いて、より多くの参加者を交え、よりパブリックに演奏を行います。
※(2) 当日参加歓迎、楽譜は無く、指揮者も居ません。参加者一人ひとりがサイン波を媒体に、互いに、そして全体と共鳴し合います。複雑に重なり合い、絡み合う音の中に置かれるのです。
演奏後には横浜トリエンナーレのメイン会場へ移動し、メッセージとともに演奏に使用したサイン波を展示します。
※(3) 参加者一人ひとりの意思が重なり合い、そこに残されて行くのです。
これら全体のプロセスを通し、あなたの参加がこの作品を形作るのです(参加者募集要項から)

The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic 開催日程 :
10/2(日) 大桟橋
10/16(祝) 赤レンガ倉庫
11/3(祝) ドックヤードガーデン
11/20(日) イセザキ・モール
12/4(日) ZAIM

12/18(日)の横浜トリエンナーレ最終日に合わせ、集大成のイベントを山下公園にて開催します。メイン会場に展示したサイン波を使用しますので、参加者は皆お集まりください。

タイムスケジュール:
13:30   ZAIM(トリエンナーレステーション)集合、レクチャー
13:50− 移動
14:10− フィールドワーク
14:30− ディスカッション+当日参加者受付
14:55− 休憩
15:05− The SINE WAVE ORCHESTRA
15:45− トリエンナーレ会場へ移動
16:05− 展示作業、終了次第順次解散
17:00   終了

※(1)
要予約、先着25名迄
※(2)
予約不要、14:30より各会場にて受付(現地受付連絡先:070-6998-8090)
サイン波を簡単に出せる装置を貸し出します。
サイン波持ち込み可 (一人一つ限定) 、機材不問。
コンピュータ、シンセサイザ(電池スピーカ要内蔵)、音叉等。
※(3)
事前予約参加者のみ
参加を希望する日程を明記の上お申し込みください。
音楽的な知識、技能は必要ありません。
サイン波を出す装置は、写真付きID(免許証など)をご提示頂いた上での貸与となります。IDを必ずお持ちください。
このイベントへの参加費は無料です。このイベントへの参加費は無料です。但しZAIMから各会場、各会場からトリエンナーレ会場への移動は、天候・場所など諸条件により、公共交通機関を利用する場合があります(実費)。
横浜トリエンナーレのサイトから: http://www.yokohama2005.jp/jp/event.php
申し込みメールアドレス: swo@yokohama2005.jp ・・・取得は15日ごろを予定
申し込みFAX番号: 045−641−6582 「サインウェーブオーケストラ係」 宛

RETURN


gaden presents
- g
allery / artist / dreamer / exhibition / network