gaden presents - gallery / artist / dreamer / exhibition / network

鷹野 隆大×尾仲 浩二 “上海二人展” 2008年3月21日(金)-30日(日)

  ギャラリー街道 東京都杉並区成田東5-23-2いわとうアパートメント2F TEL 050-3023-4582
   OPEN:金・土・日 13:00-19:00
   http://kaido.mods.jp/

 鷹野さんから案内を頂き、ギャラリー街道のHPを覗いてみたら、とても楽しそうな写真が掲載されていたので、杉並区成田東まで出かけてみました。残念ながら尾仲さんはご不在でしたが、鷹野さんにお話をお聞きしました。

・・・タイトルは“上海二人展”。お二人ご一緒に出かけられたのですか。展示で上海の街のごった返したイメージを想起させているように思うのですが。

 額に入っているのが尾仲さんの作品で、カラーコピーが僕のです。尾仲さんが何回行かれたのかわかりませんけれど、僕は97年、2003年 2007年の3回行きました。展示も時系列になっています。2007年は二人とも美術館での展示がありましたので一緒に行きました。僕の個展にしようかと考えたのですけれど、同じ場所で写真を撮って見せ合うのもおもしろいかなと思いましたし、二人の作品をミックスしていい音が出ればいいなと思ったんです。

・・・私も2004年に行ったんですよ。2003年に撮影された作品と私の見た上海のイメージが近いです。当時はごちゃごちゃしたカオスのような印象でしたから。2007年になるとかなり変わってきますね。街の個性が無くなりつつあるような・・・。

 無菌状態に街がなってきているような微妙な感じはありますね。都心部は高層ビルが建ち並び、郊外も新しい街がどんどんできているし、着ている服も微妙に良くなっている。思いっきり壊して新しいビルを建てている理由に、中国の人たちは貧しいイメージが許せないという思いがあるのかもしれませんね。

・・・欲望の物神化に走っているようなイメージが強いように思いますね。それはいつか終焉を迎えるように思うのだけれど・・・。

 これから景気が悪くなるという発想は無いんじゃないかな。物質的にだけど、必ず今日よりは明日が豊かになるということを信じているんじゃないかという風に感じますね。二百年以上貧しかったわけだから、それを乗り越えたいという恨みつらみがあるのじゃないかなと。

・・・なるほど。でも、写真家の目線というのはおもしろいですね。今更な言い方ですが、それぞれに個性がある。尾仲さんの作品は尾仲さん独特のさび色をしているし、鷹野さんの作品には軽やかな明るさを感じます。どちらもフイルムで撮影されているんですよね。

 そうです。僕の場合は、サービス版でプリントしたものをカラーコピーで拡大したものですけど。

・・・今まで印画紙に焼き付けないと空気感が出ないように思いこんでましたが、カラーコピーでもしっかり出ている。プロの写真家の方に失礼な言い方になってしまいましたが・・。

 たぶんみんなそうだと思うのですが、素直に撮るということを考えているんじゃないですかね。自身の気持ちに素直に撮るということを、ほとんどの写真家の人たちが意識していると僕は思っているんですけど。

・・・素直に撮るっていいですね。写真のおもしろさというのは、撮る本人がその場所に行かなければ撮れないということ、その臨場感を見たい部分があります。頭ばかりじゃなく身体を使うことで見えてくるものがあるように思うのです。

 僕らは、行ってその場でシャッターを押す以外のことはできないんですよ。机の前に座って念じても写らないわけですから、行って押すということ意外に基本的には大事なことはないんじゃないのかなと思います。

・・・シャッターを押す瞬間に、何かを感じるんですか。

 あまり考えて、選択してから押すようにしていないので、何か「あっ」と思ったら押す。その「あっ」というものに、多少の理由はあると思うのですけれど、一つではなくごちゃ混ぜになってある。撮った写真を展示するときに全部は並ばないから、選択するときに何らかの意識を働かしていると思うのですけれど、曖昧ですね(笑)。そのときに自分が感じた肌触りみたいなものを、うまく伝えたいと思って選ぶ、それが何かということはうまく言葉にできないですね。

・・・今日はどうも有難うございました。

 私も目で見た肌触りというか、ざわり感を感じないと話を聞きたいとは思わないんですよ。だから失礼とは感じつつ展示のプレゼンテーションを読まないで、ファーストインプレッションのみで横着なインタビューを慣行しています。それがオサルス琉、あしからず。

関連情報 2006.10 2006.10_b 2006.4 2006.3 2005.3 2005.3_b 2004.12 2002.10

RETURN


gaden presents
- g
allery / artist / dreamer / exhibition / network