Zeit-Foto Salon EXHIBITION ツァイト・フォト・サロン 展覧会情報

藤部明子 作品展 “ヒカリバ”

2007年7月10日(火) 〜 7月31日(火) 日・月・祝日休廊
10:30 〜 18:30(土〜17:30)

ヒカリバ

写真を撮りはじめて、気づくようになったことがある。オバケのようなもの。つまり予期せぬもの、摩訶不思議なもの、矛盾あるいは無関心さ、そうした何ものかが、ときおり写りこんでしまうのだ。

花冷えの頃ソウルで瞬時にすれ違った彼女が、私を見つめ返す。昨年の梅雨時に大阪で出くわしたバンは、暗闇の中で再びそのお尻をヌっと現した。七年前の初夏にアントワープで見つけた光の葉を、この春東京で再発見した。

フィルムに定着された像は、それを見つめる私の前に立ち現れる。私の中にその姿が留まることもあれば消え去ることもあり、また、時を経てから別の貌で見出されることもあるのだ。

2007 年6 月藤部明子

Hikariba

Once I began taking photographs, I noticed strange things would sometimes steal into frame.
Ghostlike traces: unforeseeable, wondrous, fraught with contradiction and caught wholly unawares. Mysterious shape-shifting apparitions, or what we Japanese call obake.
A woman who passed for one brief instant in the early spring chill of Seoul stares back at me.
A van from last rainy season in Osaka tail-ends into view in the darkroom. Glistening leaves in the early summer light Antwerp seven years ago, rediscovered just this spring in Tokyo.
Apparitions captured on ? lm appear before my gazing eyes. Presences that might stay with me or just as easily vanish, or then again, they might reveal some other look only much later.

June 2007, Akiko Tobu


 

--- 会場風景 ---

(C) 藤部明子

E-mail: ZF@zeit-foto.com

Zeit-Foto Salon EXHIBITION INFO ツァイト・フォト・サロントップ

Zeit-Foto Salon Official site : http://www.zeit-foto.com/

Copyright (C) 2002-2007 ZEIT-FOTO SALON Corporation. All Rights Reserved. mail to