Zeit-Foto Salon EXHIBITION ツァイト・フォト・サロン 展覧会情報

鷹野 隆大 写真展 『 金魚ブルブル 』

2010年6月18日(金)~ 7月22日(木) 日・月・祝日休廊
10:30-18:30 (土-17:30)

生きた金魚を掌(てのひら)に乗せてみた。ぬるりとしたものが、ぴちゃぴちゃ跳ねた。くすぐったさをこらえながら、こぼれ落ちないように手をすぼめると、握り潰してしまいそうな危うさに指先が震えた。小さな畏れと快楽の混ざり合ったあの感触——。
前作『男の乗り方』は、エロはどこから来るのかを探る試みでもあった。それは「距離に宿る」というのが、僕の得たひとつの答えだった。埋められない距離を埋めようとする欲望こそがエロを生み出す。では、その距離を埋めたいという欲望を発生させるポイント、いわば「エロスの着火点」はどこなのか。それは遠い昔の金魚の感触を思い起こさせる。この「金魚掬い」がうまくいくことを願っている。

2010年4月 鷹野 隆大

今回は、カラー作品20点以上の展示を予定しております。

(C) TAKANO RYUDAI



鷹野 隆大 TAKANO RYUDAI

1963年 福井市生まれ
1987年 早稲田大学 政治経済学部卒
2006年 第31回木村伊兵衛写真賞受賞

セクシュアリティをテーマにした作品に加え、最近は都市にも興味を向けている。

<主な個展>
2000
「ヨコたわるラフ」 ツァイト・フォト・サロン、東京
2002
「Twelve Messengers(十二使徒)」 ツァイト・フォト・サロン、東京
2005
「Common Sense ~in and out~」 ツァイト・フォト・サロン、東京
2006
「イン・マイ・ルーム」 ナディッフ、東京
「男の乗り方」 ツァイト・フォト・サロン、東京
2008
「ぱらぱら」 ツァイト・フォト・サロン、東京
2009
「おれと」 ナディッフ、東京
「男の乗り方」 GALLERY at lammfromm、東京
「花街びと」 ギャラリーエム、愛知
2010
「イキガー」 ギャラリーラファイエット、沖縄

<主なグループ展>
2001
「手探りのキッス 日本の現代写真」 東京都写真美術館、東京 他
2004
「日常の変貌」 群馬県立近代美術館、群馬
「out of the ordinary / extraordinary」 カーサ・アジア、バルセロナ スペイン 他
2007
「Japan Caught by Camera - Works from the photographic Art in Japan」 上海美術館、中国
2008
「液晶絵画 スティル/モーション」 東京都写真美術館、東京 他
「写★新世界」 せんだいメディアテーク、宮城
「PARIS PHOTO 2008」 カルーセル・ドゥ・ルーブル、パリ フランス
2009
高松次郎|鷹野隆大「”写真の写真”と写真」 太宰府天満宮宝物殿、福岡
「中国現代美術との出会い -日中当代芸術にみる21世紀的未来-」栃木県立美術館、栃木
2009-2010
「貴方を愛するときと憎むとき」 沖縄県立博物館・美術館、沖縄
2010
「まばゆい、がらんどう」 東京藝術大学大学美術館、東京

<パブリック・コレクション>
東京都写真美術館、国際交流基金、川崎市市民ミュージアム、上海美術館、太宰府天満宮

<作品集>
『IN MY ROOM』 蒼穹舎 2005年
『鷹野隆大 1993-1996』 蒼穹舎 2006年
『ぱらぱら まりあ/としひさ』 Akio Nagasawa Publishing 2009年
『ぱらぱら ソフトクリーム/歯磨き』 Akio Nagasawa Publishing 2009年
『男の乗り方』 Akio Nagasawa Publishing 2009年

(C) TAKANO RYUDAI

E-mail: ZF@zeit-foto.com

Zeit-Foto Salon EXHIBITION INFO ツァイト・フォト・サロントップ

Zeit-Foto Salon Official site : http://www.zeit-foto.com/

Copyright (C) 2002-2007 ZEIT-FOTO SALON Corporation. All Rights Reserved. mail to